ダイニングチェアリペア

こんにちは。トータルリペアチェリッシュです。
ウチの物置部屋で眠っていた壊れたダイニングチェアをリペアしてみました。
リペアというよりレストアレベルですね。
捨てるタイミングを逃して長い間そのままになっていたようです。
まずは元の状態をご覧ください

ダイニングチェア施工前1 ダイニングチェア施工前2 ダイニングチェア施工前3 ダイニングチェア施工前4 ダイニングチェア施工前5

壊れたと言っても破損箇所はなく、はめ込み部分が多数外れているのと表面の傷み、経年の汚れです。
かれこれ30年以上?も前に購入たものらしいです。(母談)

というわけで、まずは座面を外し、フレームの表面の塗膜や汚れを削り落して除去します。
次に特殊な強力ボンドで外れていた箇所を接着します。
更に目の細かいサンドペーパーで表面を滑らかに整えます。

ダイニングチェア途中1 ダイニングチェア途中2

フレームがさっぱりキレイになりました。
この後はサンディングシーラーという塗料で下塗りを一度入れてから、ナチュラルカラーのニスで仕上げます。

 

そして今回は初の座面の張り替えにも挑戦してみました。
初めに元々貼られていた生地とスポンジ状のクッションを剥がします。
これらはさすがに再利用できないので処分です。
その次に、チップウレタンシートを座面にあわせて切り抜き、スプレーのりで接着します。

ダイニングチェア途中3

ダイニングチェア途中4

更に柔軟なスポンジシートをその上にかぶせるようにスプレーのりで接着していき余分な部分をカットします。

ダイニングチェア途中5

こんな感じで中身は出来上がり。
このあとはタッカーという工具を使用し、ビニールレザーを裏面で留めながら表面に違和感がないように張っていきます。
こうして出来上がった座面と、塗料が乾いたフレームをねじ止めして完成です。

ダインニングチェアレストア1 ダイニングチェアレストア2 ダイニングチェアレストア3 ダイニングチェアレストア4 ダイニングチェアレストア5

これであと30年は使えるようになったかな。。

///
こちらは公開時のサービス内容に準ずる記事につき、お問い合わせの際にはご案内が異なる可能性がございますので予めご了承くださいませ。

参考料金など
施工メニュー詳細はこちら