ヘッドライト表面の劣化を解消し長期間きれいな状態を保持します。

ヘッドライト表面の黄ばみ、艶引け、クラック、小キズなどのヘッドライトレンズ表面の傷みや経年劣化を除去、耐候性に優れたクリア塗装で仕上げます。
ヘッドライトがキレイになると車そのものの印象が変わります。

ヘッドライトレンズリペアの施工事例ブログ ≫

施工内容

~劣化除去(下地処理)工程~

弊店ではできるだけ劣化しにくく高い透明感が得られるようヘッドライトレンズ表面の劣化層は徹底して削り落とします。
研削する量が中途半端だと再劣化の進行が早まりやすくなるのでその必要量も見極めて作業を行います。
研削は狭小部やキワなどを除き研削キズが残りにくい機械作業です。

~仕上げ工程~

劣化層の除去、下地の処理後は耐久性に優れたヘッドライト専用のアクリルシリコン樹脂塗料のスプレー塗装を行い仕上げます。

良好な状態が維持できる期間と劣化の要因

ヘッドライトレンズの劣化の進行具合は使用環境などによって差がでることと、劣化を感じる程度は人それぞれですので一概に施工後の維持期間をご案内することはできませんが、屋根無し屋外保管の状態にて2~3年でリピート施工される方が多いです
長いと5年近く経過しても良好な状態を維持していたケースもあります。

劣化の進行に影響すると考えられる主な要因は日光ですので日光の当たる環境が長いほど劣化の進行は早くなる傾向にあります。
また、日光に加えて差が出る要因としては以下のものが考えられます。

  • 車(レンズカバー樹脂)の個体差
    同じモデルの車、同じ施工、同じような条件下の使用でも劣化時期が早いものとそうでないものが存在していることがあります。(実際の施工や検証による弊店の体感)
  • 洗車方法
    手洗いのほうが維持期間が長い傾向にあるようです。(洗車機をご使用頂くこともできます)
  • 光源の熱
    夜間走行が多かったりハイワッテージバルブなどをご使用されている車は劣化の進行速度が速い傾向にあるようです。

改善が期待できる症状

除去可能な症状
黄ばみ 艶引け ざらつき・剥がれ 浅い擦り傷 表面層のクラック

除去はできないが軽減される症状
深いガリキズ 深い飛び石キズ 深いクラック

除去できない(対応できない)症状
レンズカバー樹脂自体の変色(白濁) 内側の症状(結露跡や熱によるくもりなど)

クラック・樹脂の変色(白濁)について

クラックについては多くの場合レンズカバーの外側に発生しているので改善が期待できるケースがほとんどです。(内側に発生していることもありますが稀です)

変色(白濁)は本来透明な樹脂そのものが変色しているので対応のしようがなく、改善するには残念ながら交換するしか方法がございません。
変色を含む劣化がみられるライトは施工しても白っぽさが残り、その程度によってはぱっとしない仕上がりになってしまうことがあります。

尚、劣化の状況ついては現車確認にてある程度までは判断可能ですのでご希望の方はお問い合わせくださいませ。

料金

劣化除去~塗装コートまでの左右施工の金額です。

クラック除去あり
30,000~40,000円(税込33,000~44,000円)

クラック除去無し
25,000~35,000円(税込27,500~38,500円)

車格は問わずライトの形状や大きさにより上記額内で変動します。
複雑な形状や凹凸の多いもの、片側2灯タイプ、面積の大きなライトは高額寄りになります。
特異な形状や難度の高い施工をご希望の場合は上記金額を超える場合がございます。

お見積りや症状の診断をご希望の方は現車確認か、もしくは分かりやすい写真をお問い合わせフォームかLINEからメッセージと併せてお送りください。
尚、写真診断の場合はおおよそのご案内になります。

施工事例

随時ブログでご紹介しております。

過去のヘッドライトレンズリペアのブログ記事 ≫

ブログトップ ≫

お手入れについて

洗車方法

施工後のヘッドライトはボディの塗装面と同様に洗車キズが入ります。
洗車の際は乾拭きで拭かない、柔らかいスポンジやウエスを使用する、やさしく撫で洗いをするなどなるべく負荷をかけにように扱っていただくときれいな状態が長持ちします。

ヘッドライトクリーナーの使用や他のコーティングの重ね塗りは不可

市販のヘッドライトクリーナーやその類のケミカル、脱脂剤等の使用、コーティング類の重ね塗りなどをされると何らかの不具合が起こる可能性がございますので一般的な洗車用シャンプー以外のご使用はお勧めいたしません。

ご承諾事項・注意事項

  • ヘッドライトレンズの形状により作業が行き届かなかったり粗さが残ってしまう箇所がある場合がございます。
  • クリア塗装時に微細なチリやゴミが付着してしまうことがありますがそのままのお渡しになります。
  • 基本的にヘッドライトは装着された状態で施工します。ヘッドライト周囲の養生を行う箇所の塗装の状態が良くない場合、養生テープなどを除去する際に一緒に塗膜が剥がれたり跡が残ったりすることがございますがそのような場合でも補償は致しかねます。(テープは自動車外装用を使用し慎重に作業しますが経年車や修理歴があるお車は気を付けていても剥がれてしまうことがございます。尚、現車確認にてその可能性がありそうな場合は予めご案内致しますのでその際はその場でキャンセルなさっていただいても構いません。)
  • 市販のヘッドライトクリーナーやその類似品、脱脂剤等の使用、コーティング類の重ね塗りなどをされると何らかの不具合が起こる可能性がございます。
  • 施工面に粘着テープ類(マスキングテープを含む)を貼り付けると剥がす際にコート層も一緒に剥がれてしまったり、また長時間貼り付けたままにすると剥がした際にテープ跡が残ることがございます。
  • ボディカバーをご使用されるとヘッドライトに擦りキズが入ったり裏地の跡がることがあります。
  • 施工後の無理な使用や経年劣化で現れた症状については一切の補償は致しかねます。(再施工をご希望の場合は通常受付になります。)

こちらはトータルリペアの特殊技術以外の弊店オリジナルメニューになります。
詳しくはこちらをご覧ください。