エクストレイル ヘッドライトレンズリペア(黄ばみ・劣化)

お世話になっている自動車販売店様から、エクストレイルのヘッドライトリニューをご依頼いただきました。

この車種・型式も街中で見かける車はライト表面が劣化している割合がかなり高いですね。。

 

エクストレイル施工前1 エクストレイル施工後1

 

エクストレイル施工前2 エクストレイル施工後2

 

エクストレイル施工前3 エクストレイル施工後3

 

エクストレイル施工前4 エクストレイル施工後4

 

エクストレイル施工前5 エクストレイル施工後5

 

エクストレイル施工前6 エクストレイル施工後6

 

毎度のことですけど見違えますね!

 

しかしながら、こちらの写真では分かりづらいのですが施工後でも若干の白ボケ感が残ってしまっています。

これはレンズの樹脂素材そのものが白く変色している為、表面は勿論、内側を磨いたりあらゆる手を講じても改善は出来ません。

よく、このようなヘッドライト表面のクリーニングを扱いっているショップやカー用品店で内側の曇りと言われることもあるそうですがそうではありません。

自分で言うのもアレですが、このことを理解されているお店がございましたらそこはかなり勉強されてる施工店だと思います。

当店では実際にライトを拝見させて頂き、施工前にある程度の仕上がり状態をご案内できますのでご興味のある方はお問い合わせください。

もちろん今回もこのことは事前にご案内済みでしたので仕上がりには大変ご満足いただけました。

ご依頼ありがとうございました。

当記事は公開当時のサービス状況に沿った内容になっております。
技術の向上やツールの進歩、材料の見直しなどがあった場合サービス内容はその都度変更されます。(取り扱いを終了しているものもございます)
お問い合わせの際には記事内容とご案内が異なる可能性がございますので予めご了承くださいませ。