ボルボ V70 ヘッドライトレンズリペア(黄ばみ・劣化)(3)

ボルボV70オーナー様からヘッドライトリニューをご依頼頂きました。

ボルボV70施工前1

 

輸入車の多くは国産車と比べヘッドライト表面のコート層が非常に硬く、その為か劣化の症状も国産車の黄ばみとは少し違います。

硬い表面層は微細なひび割れが発生しそれらが曇ったように見えます。

光量もかなり低下しているでしょう。

こちらのボルボほどの劣化になると、カー用品店やガソリンスタンドでは施工を受け付けてくれないところもあるかと思います。

理由としては、上記のようなお店でよく用いられている施工方法のケミカルやコンパウンドでの研磨、目の細かいサンドペーパーでの研削では効果が薄いからです。

当店ではこの硬いコート層を根こそぎ削り取りますので、内部の曇りやレンズ樹脂自体の変色などが無ければまるで新品のような透明感を取り戻せます。

ボルボV70施工前1 ボルボV70施工後1

ボルボV70施工前2 ボルボV70施工後2

ボルボV70施工前3 ボルボV70施工後3

ボルボV70施工前4 ボルボV70施工後4

ボルボV70施工前5 ボルボV70施工後5

ボルボV70施工前6 ボルボV70施工後6

ボルボV70施工前7 ボルボV70施工後7

失礼ではございますが元はぱっとしない印象だったのが、スッキリとした透明感が蘇り本来の顔つきに戻りました。

オーナー様にも大変喜んで頂けました。

ご依頼ありがとうございました。

当記事は公開当時のサービス状況に沿った内容になっております。
お問い合わせの際には記事内容とご案内が異なる可能性がございますので予めご了承くださいませ。