キャンピングカーの内装木部の補修も「ウッドリペア」で対応可能。

キャンピングカーの内装木部の損傷を補修致します。

「ウッドリペア」の技術でキズやヘコミ、ビス穴跡などに対応します。

昨今の車中泊ブームで流通量が多くなったキャンピングカー。

内装はワンオフ加工に近いものがほとんどで簡単に交換できないものが多い上、乗用車とは用途が異なるのでキレイな状態を保つのは困難です。

中古車では経年使用でできたキズなどに加え、以前のオーナー様が加工した痕跡が残っていたりするケースがみられることも多く、専門の販売店様や個人のお客様からのご相談も年々増加しています。

ウッドリペア詳細 ≫

キャンピングカー内装

こちらのメニューは店舗スペースの関係上、車両をお持ち込み頂く場合は大きさに制限がございます。詳しくはこちらをご覧ください。出張作業の場合に必要な設備・条件等はお問合せくださいませ。

補修可能なもの(キャンピングカー)

主な対象品

車内家具

主な対象素材

木質材

主な症状

劣化 擦れ キズ 穴 割れ 焦げ 剥がれ ヘコミ等

※主に表面上の見た目を改善する施工になります。構造的な役割を成すような強度を求められる箇所の補修には対応致しかねます。

素材自体が著しく劣化し耐久力が失われた状態のものや広範囲に及ぶ損傷、施工後の耐久力が伴わないと判断されるものについても施工対象外になります。

料金・作業時間イメージ

【準備中】

ご承諾事項・注意事項

  • 弊店の補修は手作業による部分補修です。必ずしも新品同等にはなりません。
  • 素材の種類、状態によっては施工対象外となる場合がございます。
  • リペアを行った箇所に洗浄力の強いクリーナーは使用できません。
  • 施工後の無理な使用、経年使用で現れた症状の再発については一切の保証は致しかねます。

施工事例

施工事例は随時ブログでご紹介しております。


過去のキャンピングカー内装リペアのブログ記事 ≫

ブログトップ ≫