戸建て 天井の穴とドア撤去跡の色調整リペア

いつもお世話になっている住宅関連事業者様から戸建ての天井の穴とドアの撤去跡の色調整の補修をご依頼頂きました。

まずは天井の穴の補修から。

何か配管が通っていたような穴と固いものが押し付けられていたような点状のヘコミが数か所ありました。

天井施工前

 

材質が木ではないのですがなんとか補修できませんかとご相談を受けまして、ウッドリペアの技法で形にはできそうなもののやってみないと分からないということをご承諾いただき施工致しました。

※クリックorタップで写真拡大できます。

天井施工前1

ビフォー

天井施工後1

アフター

施工前後で写真の位置がずれてしまったので施工範囲を矢印で示しました。

うまく馴染んで目立たなくなったと思います。

 

次は間取り変更によって使わなくなったドアを撤去し、ドア枠の丁番が付いていた切れ込みには同じような色の木片を入れ込んだのですが、それでも色の違いが分かりやすくツギハギ感が出てしまったという箇所です。

上下2か所、ちょっと出っ張っていたので少々整形もして色を調整しました。

※クリックorタップで写真拡大できます。

ドア枠施工前1

ビフォー

ドア枠施工後1

アフター

ドア枠施工前2

ビフォー

ドア枠施工後2

アフター

こちらも目立ちにくくなりました。

 

いずれもご担当者様には喜んで頂けました。

ご依頼ありがとうございました。

当記事は公開当時のサービス状況に沿った内容になっております。
お問い合わせの際には記事内容とご案内が異なる可能性がございますので予めご了承くださいませ。

お見積り参考料金をご希望の方はLINE・メールにて写真と併せてご相談ください。047-713-0478受付時間 10:00 - 19:00 [ 不定休 カレンダー参照]

お問い合わせ ご依頼の流れもこちらから