マセラティ グラントゥーリズモオーナー様からコンソールパーツの角の擦り切れと小キズのリペアをご依頼頂きました。

マセラティ グラントゥーリズモ

マセラティ グラントゥーリズモ施工前1

リア側ですね。

 

小キズはインテリアリペアで対応できますが擦り切れのほうはアルミの地が出てしまっており、しかも生地が極薄なのでこのままインテリアリペアで対応することは困難です。

理由としては、極薄な生地以上の厚みを出さないように仕上げるにはアルミの上に直接施工するしかないのですが、インテリアリペアで使用する特殊な材料は金属に施行することが望ましくないものだからです。

また、擦り切れているということはそこに過度な力が加わわっているということなので、施行後にまたそこが剥がれたりすることが極力無いようにしなければなりません。

因みに擦り切れの原因はフロントシートのリクライニングの際に背もたれと接触してることのようです。

ということで擦り切れたペラペラの生地は剥がしてしまい厚めの生地を用いてそのパーツごと張り替え、その後に擦れに強い塗料で色を合わせることになりました。

マセラティ グラントゥーリズモ施工前2 マセラティ グラントゥーリズモ施工後1

小キズはほぼキレイに目立たなくなりました。

 

擦り切れのほうは張り替え後、剥がした生地を元に色合わせ。

塗装前の写真を撮り忘れたので塗装後の写真のみです。。

マセラティ グラントゥーリズモ施工中

マセラティ グラントゥーリズモ施工後2

実は、張り替えには少々時間を要するので小キズの補修後お車はお引き取り頂き、後日張り替えたパーツのみオーナー様に納品しました。

従って装着写真はございません。

オーナー様には大変喜んで頂けました。

ご依頼ありがとうございました。

 

ところで、以前にもこちらと全く同じ事例があったのでこの型のコンソールの擦り切れはよくある症状のようです。

そちらはまた後日ご紹介させていただきます。